NBA記録! Klay Thompson クレイトンプソン 14本の3ポイントシュートを決める

皆様ハッピーハロウィン!ナップル(napple)です。

現地時間10月29日(月)私勝手に応援しているゴールデンステートウォリアーズ(Golden State Warriors)のクレイトンプソン(Klay Thompson)選手がやってくれましたね。

24本中14本のスリーポイントを決めて一試合におけるスリーポイント数のNBA記録を塗り替えました。



Klay Thompson クレイトンプソン

1990年2月8日生まれ

カリフォルニア州ロサンゼルス

2018年現在28歳

身長は206センチ

NBAでの8年目のシーズン中

クレイトンプソンの前に少しだけ自分の事も

私の子供が2年半前くらいからミニバスのチームに入り今現在もバスケットを頑張っています。

私自身も小学校4年生から高校3年生までバスケットボールをやっておりました。

大した成績も残せず、高校卒業を機にバスケットボールに触れる機会が少なくなっておりました。

高校時代にはBSが映る先輩のお家にお邪魔したり、VHSを借りたりしながらNBAのバスケットに触れておりました。

私の年代はいわゆる「マイケルジョーダン世代」だと思います。

その頃に見た「マイケルジョーダン(Michael Jordan)」は未だに神様ですよね。

そんなマイケルジョーダン世代の私でしたが、この20年ほどはあまりNBAも見ず、「コービーブライアント(Kobe Bryant)」や「アレンアイバーソン(Iren Iverson)」はもちろん、マイクピアース、ケビンガーネット、レイアレンなどもほぼ見ずに過ごしてきました。

バスケットボールには興味がずっとあったのですが、わざわざBSを付けたりすることもなく、そのまま過ごしてきました。

アメリカに行くような仕事をしだしてから、少しずつまたNBAを見だして、私のアメリカで拠点にしていた所がカリフォルニア州ストックトンという町だったという事もあり一番近くの「サクラメントキングス(Sacrament Kings)」を応援するようになりました。

サクラメントキングス(Sacrament Kings)

カリフォルニア州の州都であるサクラメントが本拠地のチームで、その当時は「クリスウェバー(chris webber)」や「ジェイソンウィリアムズ(jason williams)」などがいた頃で、私の一番好きな選手は「ページャストヤコビッチ(Predrak Stoyiakovits)」でした。

その頃のチームはかなり強くなりかけ(その後本当に強くなる)ておりました。

二回ほど「アルコアリーナ(ARCO Arena)」に行って試合を見ました。

初めて生でNBAを見たのがサクラメントキングスだったので未だに好きなチームです。

子供がバスケットを始めたことによりNBA熱が再沸騰!

子供がバスケットボールを始めたことにより、アメリカへ仕事に行くたびに子供様にNBAのTシャツなどを購入するようになり、どんどんNBAにはまって行きました。

先日このブログでも書いたのですが、久々にNBAの試合を実際に見に行きました。

www.napple.co.jp

www.napple.co.jp

www.napple.co.jp

久々に見るNBAに衝撃を受け、かなり、ものすごく、とてつもなくミーハーになってしまうのですが、「ゴールデンステートウォリアーズ(Golden State Warriors)」のファンになってしました。

まだその時はケビンデュラントが加入する前で、カリーとトンプソンがチームを引っ張って行き、開幕から16連勝(開幕からの連勝NBA記録)を飾っておりました。

ブルズ黄金時代に好きだったスチーブカーがヘッドコーチになった事、私が最初に訪れたアメリカの都市がサンフランシスコという事、私ベースにしていた町のストックトンがサンフランシスコに近いという事、と色々勝手にこじつけながら、ミーハーではなく私のフランチャイズチームという事にして応援を始めました。




Klay Thompson クレイトンプソン 14本のスリーポイントを決める

私、高校時代はスリーポイントのシューターをしておりました。

大した成績をおさめてないので恰好良い感じでは言いにくいのですが。

今までのNBA選手を好きになる基準が3ポイントシューターなのかなと思っております。

マイケルジョーダンなどの特別な存在を除くとクリスマリン、レジ―ミラー、ページャストヤコビッチなどの選手が好きです。

レイアレンはあまり見ていない時の選手なので好きは好きやけど位です。

そこに来て「スプラッシュブラザーズ(splash brothers)」の存在はエグイです。

カリーのNBA記録

■1シーズンの3ポイント成功数 402本

■連続試合3ポイント成功 157試合

■1試合 3ポイント成功数 13本(2016年11月7日~2018年10月28日)

■プレーオフ連続試合3ポイント成功 58試合(継続中)

などがあります。

どれも3ポイントがらみで、特に1シーズンの3ポイント成功数の402本は誰か抜ける人が出てくるとすれば、カリー本人しかいないような気がします。

今シーズンもしかすると他の3ポイント記録を生むかもしれないカリー。恐ろしいです。

クレイトンプソンのNBA記録

1クォーターでの最多得点 37点

1クォーター3ポイントシュート成功数 9本

プレーオフ1試合3ポイントシュート成功数 11本

1プレーオフ3ポイントシュート成功数 98本

と、どれもすごすぎですよね。

クレイトンプソンはこれ以外にも

一昨年のシーズン29分間の出場時間で60点を決めるという偉業も達成しています。

バスケットボールをやっている方ならこれがとんでもない記録という事は分かり切っておりますが、たとえが難しいですが、私のボキャブラリーだけで例えると、昔の話になりますが、巨人の山倉が三打席連続ホームランを打った感じでしょうか。

確実に怒られちゃいますね。

全く違うと思います。



そして今回クレイトンプソンが大偉業

上に書いているステフィンカリーの一試合における3ポイント成功数13本を上回る14本を決めました。

すごすぎて何とも例えようがないです。

まぁ見てみて下さい。

いや間違えちゃいました。

これは14本を決めた次の試合のハロウィーン使用のトンプソンです。

大好きな選手なので笑ってしまいました。

試合中に味方選手にオデコが当たってしまい2針縫ったのですが、その際にヘッドバンドを付けていてそれが「jackie moon」に似ていると話題になっていたので、あえてそれで登場したんですよね。

こういうところも好きです。

14本決めたハイライトはコチラです。

この前の試合まで、これだけNBA記録を出してきたトンプソンが絶不調で7試合を消化して3ポイントを36本打って5本しか決めていなかったんです。

クレイトンプソンファンの私としては今シーズンどうなってしまうんだろうと心配しまくりだったのですが、本当に良かったです。

爆勝ちしてしまっていたので第3クォーター途中で退いてオデコの手当てに行ってしまいましたが、そのまま競っていて出続けていたら20本くらい決めていたのではないかと意見が出ていましたが、これで良かったんです。

またカリーかトンプソンがこの記録を破るのを見たいので。

■まとめ■

ゴールデンステートはもちろん好きなのですが、このクレイトンプソンは今までのNBA選手の中で一番好きです。

ステフィンカリーももちろん好きなのですが、一番はクレイトンプソンです。

3ポイントの記録をこれからもどしどし二人で作って行って、誰も抜けないところまで行ってほしいです。

カリーは昨年大型契約をしましたが、トンプソンは今年シーズンが終わるとFA(フリーエージェント)の選手になってしまいます。

他のチームには絶対に行ってほしくないので、KD(ケビンデュラント)に他チームに行ってもらって、カリーとトンプソンとグリーンでチームを引っ張って行って欲しいです。

これからもトンプソン愛をブログでも伝えていきたいと思います。

よろしくお願いします。

スポーツウェアをきて楽々運動!業界最安値で最高の商品を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です