2018年12月3日(現地)NBA結果速報バスケットボール

 

こんにちは。ナップル(napple)です。

 

 

■NBAのプレイヤーオブザウィークが発表されてましたね。

東はトロントラプターズのカワイレナード、西はデンバーナゲッツのポールミルサップでした。

カワイレナードは首位のラプターズを引っ張っている感たっぷりありますよね。

ポポビッチからリーダーでは無かったと言われて奮闘しているのですかね。

ポールミルサップもダブルダブルの活躍で受賞ですね。

どちらもフィジカル強いのでNBAという感じがします。

 

 

■シカゴブルズがフレッドホイバーグHCの解雇を発表

エグゼクティブバイスプレジデントのジョンパクソンが声明を発表!

ジョンパクソンってブルズのエグゼクティブバイスプレジデントだったんですね。

懐かしい感じがします。エグゼクティブバイスプレジデントにまでなってるなんて、もっとブルズを応援しないといけないですね。

そうか~、ジョンパクソンがエグゼクティブバイスプレジデントね~。

どうやったらエグゼクティブバイスプレジデントになれるんですかね。

まず、エグゼクティブバイスプレジデントってどのくらいの地位の方なんですかね。

ブルズはマルッカネンが戻って来て、今からという感じだと思うのですが、ここでの決断でしたね。負けが込み過ぎてるので致し方ないですね。

 


■10月、11月のルーキオブマンスに東:アトランタホークスのトレイヤング、西:ダラスマーベリクスのルカドンチッチに決まりましたね。
おめでとうございます。

トレイヤングはチーム事情もありの感じがありますが、ドンチッチは見ててほぼ新人ではない動き、活躍です。これから伸びる感もたっぷりありますので恐ろしいですね。

 

2018年12月3日(現地時間)の結果を見ていきたいと思います。

2018年12月3日(現地時間)NBA速報

●オクラホマシティサンダー(Oklahoma City Thunder)110-83デトロイトピストンズ( Detroit Pistons)●

■戦評■

デトロイトは最初の得点以降最後までリードを許して敗戦。

これまでの好調が嘘のようにシュートが入らなかったですね。

デトロイトフィールドゴール33%では勝てないです。

スリーポイントに至っては6/32 18.8%

元々32%前後のスタッツですが、これでは勝てないですね。自滅ですね。

しかしOKCは調子が良いですね。カーメロいなくなって・・・

ポールジョージ:17ポイント10リバウンド4アシスト

スティーブンアダムス:21ポイント6リバウンド1アシスト

ブレイクグリフィン:20ポイント5リバウンド4アシスト

 

●ゴールデンステートウォリアーズ(Golden State Warriors)128-111アトランタホークス(Atlanta Hawks)●

■戦評■

アトランタホークスには悪いのですが、ロードの6連戦で疲れが出るときにありがたい対戦だったと思います。

カリーの調子も復帰一戦目ではある程度のスタッツは残せましたが、ターンオーバーも7を記録していたので、ここで調子を取り戻せた感があるので良かったです。

6本のスリーポイントを含む30ポイントをゲット!

シュートのセレクトも悪くなかったので一安心です。

チームとしてはデイミアンジョーンズが左の胸筋を痛めたという事で、結構大変な事態だと思いますが、次戦もクリーブランドなので星を一つ伸ばしてほしいですね。

個人的にはジョーンズよりもルーニーのほうがチームとしてしっくりきているような気がするので、ルーニー、ベルとで何とか乗り越えて、クリスマス以降に復帰する予定のカズンズを待つ感じですかね。

カズンズも5×5の練習も行ったという情報もありましたが、まだ未知数なので活躍を祈るばかりです。

リバウンド、スクリーン要員でもいいと思うのですがね。

トンプソンも好調維持なので後ロード3戦勝ってほしいです。あっ、最後はミルウォーキーですね。

いや、やってくれるはずです。

 

ケビンデュラント:28ポイント5リバウンド8アシスト

クレイトンプソン:27ポイント8リバウンド2アシスト

ステフィンカリー:30ポイント3リバウンド2アシスト6スリーポイント

ジョンコリンズ:24ポイント11リバウンド2アシスト

トレイヤング:20ポイント0リバウンド3アシスト

●クリーブランドキャバリアーズ(Cleveland Cavaliers)99-97ブルックリンネッツ(Brooklyn Nets)●

■戦評■

ブルックリン最後に良く追いついたのに残念でした。

ラッセルともう一人欲しいですねブルックリンは。

 

トリスタントンプソン:19ポイント14リバウンド2アシスト

ジョーダンクラークソン:20ポイント11リバウンド4アシスト

ディアンジェロラッセル:30ポイント8リバウンド6アシスト

●ワシントンウィザーズ(Washington Wizards)110-107ニューヨークニックス(New York Knicks)

■戦評■

ブラッドリービール:27ポイント8リバウンド7アシスト

ジョンウォール:18ポイント0リバウンド15アシスト

ケリーウーブレーJr:21ポイント5リバウンド1アシスト5/6スリーポイント

エネスカンター:13ポイント16リバウンド2アシスト

ティムハーダウェイJr:20ポイント0リバウンド2アシスト

 

●デンバーナゲッツ(Denver Nuggets)106-103トロントラプターズ(Toronto Raptors)●

■戦評■

上位対決面白かったです。

ナゲッツのヨキッチトリプルダブルで気合が入ったプレーでした。

これで6連勝!強いですね。

二コラヨキッチ:23ポイント11リバウンド15アシスト

ジャマールマレー:21ポイント7リバウンド8アシスト

カワイレナード:27ポイント8リバウンド2アシスト

 

●ヒューストンロケッツ(Houston Rockets)91-103ミネソタティンバーウルブス(Minnesota Timberwolves)●

■戦評■

ロケッツは後半ノーマークの3ポイントが入らなさ過ぎました。

これだけ入らなければ負けますね。

負けだしてからのロケッツはいつも逆転できそうにないです。

カーメロいなくなっても結局調子が上がってこないですね・・・

タージギブソン:15ポイント11リバウンド3アシスト

カールアンソニータウンズ:24ポイント11リバウンド3アシスト3スティール

クリントカペラ:24ポイント8リバウンド3アシスト

ジェームスハーデン:29ポイント4リバウンド8アシスト

 

●ロサンゼルスクリッパーズ(Los Angeles Clippers)129-126ニューオーリンズペリカンズ(New Orleans Pelicans)●

■戦評■

トバイアスハリス:27ポイント6リバウンド1アシスト

ダニーロガリナーリ:24ポイント5リバウンド4アシスト

ルーウィリアムス:20ポイント3リバウンド6アシスト

アンソニーデイビス:23ポイント13リバウンド5アシスト3スティール3ブロック

ジュリアスランドル:37ポイント8リバウンド4アシスト

ドリューホリデー:32ポイント4リバウンド14アシスト4スティール

 

■DUKEからユタジャズへドラフト入団したグレイソンアレンのGリーグでの活躍が上がっていました。

ダーティなイメージが大学時代に付いてしまっていましたが、結構好きな選手なのでNBAで活躍してほしいです。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です