2018年11月21日(現地)NBA結果速報バスケットボール

こんにちは。ナップル(napple)です。



今日はたくさん試合がありましたね。

どれも白熱した展開でとても興奮しました。

バスケ好きにはたまりませんね。

2018年11月21日(現地時間)のNBAの結果を見ていきたいと思います。

目次

2018年11月21日(現地時間)NBA速報

●インディアナペイサーズ(Indiana Pacers)109-127シャ―ロットホーネッツ( Charlotte Hornets)●

■戦評■

1クォーターからケンバウォーカーが今シーズンの調子をそのまま維持している感じで3ポイントを2本中2本とも決める。

ペイサーズはエースのオラディポをかいているので全員バスケで対応。

ボクダノビッチはシュートが良く入る。

今日はケンバウォーカー16点しかとっていませんが、ケンバウォーカーの活躍がベンチにも良い影響を与えていますね。

今日で勝ち越したのでこれからどんどん勝ちがふえていきそうなきがします。

●ニューオーリンズペリカンズ(New Orleans Pelicans)120-121フィラデルフィアセブンティシクサーズ(Philadelphia 76ers)●

■戦評■

安定のアンソニーデイビスが1クォーターで足を引っ張った形。

というか1クォーターだけで15ポイント、7リバウンドのエンビードは反則。

これが普通の選手なら試合を通してまずまずの成績。

私の見解ではミロティッチとボクダノビッチが変わっても普通の人には、ばれない。

アンソニーデイビスが2本フリースローを決めればオーバータイムだったのに、そのフリースロー外したところでジ・エンド。

なんとなく最後までアンソニーデイビスがあんまりだった。

ここまで調子が悪いアンソニーデイビスは見たことがないですね。

アンソニーデイビス:12ポイント16リバウンド6アシスト フィールドゴール30.8%

それにしてもジョエルエンビードは31ポイント取って19リバウンド、更に3ポイント2本決めてますからね。

恐ろしすぎます。

個人的に好きなJJレディックが7本スリーポイント打って1本も決めれてないのがさみしかったです。

●トロントラプターズ(Toronto Raptors)124-108アトランタホークス(Atlanta Hawks)●

■戦評■

ラプターズはカワイレナードが出場していないのにもかかわらず、余裕の勝ち方でしたね。

ヨナスが24ポイント13リバウンドでチームを引っ張りましたが、今年のラプターズはシアカムが良いですよね。チームの好調を支えているのは間違いありません。

アトランタは若いチームなので、これからだと思うのですが、毎試合元気がないですよね。

シックスマンのリンがポイントリーダーでは何ともな感じです。

リンは応援しているのでルーウィリアムを目指して頑張ってほしいです。

●ニューヨークニックス(New York Knicks)117-109ボストンセルティックス(Boston Celtics)

 

■戦評■

終盤までもつれ混んで楽しくなりそうな感じをこの3ポイントで決定させましたね。

トレイバークは29ポイント6リバウンド11アシスト

今日は爆発してましたね。3ポイントも4本沈めてチームの勝利に貢献しました。

相変わらずボストンのゴードンヘイワードの調子が上がりません。

今日はスタメンでもなかったですから心配です。

このままだと来年はボストンにいなさそうな感じですね。寂しいです。

●ロサンゼルスレイカーズ(Los Angeles Lakers)109-105クリーブランドキャバリアーズ(Cleveland Cavaliers)●

■戦評■

レイカーズに移籍して始めてのクリーブランドでの試合でしたが、練習に出てきた瞬間からなかなかの歓迎ムードでしたね。

KDと大違い。

「welcome home 」って言ってもらってましたね。

キングはどこに行ってもキングですね。クリーブランドへの貢献はファンも忘れていない感じで良かったですね。

試合はシーソーゲームで結局レブロンの活躍でレイカーズが勝つという展開。

32ポイント14リバウンド7アシスト 流石です。

あとJRはどこに行くのでしょうか。
スポーツウェアをきて楽々運動!業界最安値で最高の商品を!

●フェニックスサンズ(Phoenix Suns)116-124シカゴブルズ(Chicago Bulls)●

 

■戦評■

デビンブッカー対ザックラビーンはザックラビーンの勝ち。

どちらも同じようなタイプですが、ラビーンの方がキャプテンシーがあり、みんなから信頼されてる感がありますよね。

どちらのチームもどっかが噛み合えば強くなりそうなのに。

1シーズンで爆発する選手が新たに一人育たないとだめですね。

●デトロイトピストンズ(Detroit Pistons)124-126ヒューストンロケッツ(Houston Rockets)●

 

■戦評■

どちらのチームも点を取る人が取って、いつも通りの展開。

プロの試合って本当に紙一重で、強いチームも弱く見えてるチームも少ししか違いが分からない。

ハーデンのアイソレーションは誰も止めれない。

去年あれだけ同じ動きだったのに誰も止めれない。すごいな~と思う。

フィジカルとシュート力。MVP

●ポートランドトレイルブレイザーズ(Portland Trail Blazers)100-143ミルウォーキーバックス(Milwaukee Bucks)●

■戦評■

出だしから一気に猛攻でしたね。

ヤニスのゴール下を止めれる人。いない。恐らく。

それにしてもポートランドのシュートが外れる外れる。

36.2%のフィールドゴールではいくら好調なチームでも勝てないですよね。

それにしても43点差ってすごい。勢いあります。

今年のバックスはカンファレンスファイナルはとりあえず行きますね。



●デンバーナゲッツ(Denver Nuggets)103-101ミネソタティンバーウルブス(Minnesota Timberwolves)●

■戦評■

デリクローズは後から出ても、ちゃんと活躍してますね。

ドリブルの切り替え早すぎて自分のどこかの筋肉おかしくならないんですかね。

恰好良すぎて尊敬します。

ナゲッツは開幕当初の勢いがなくなってきましたが、ガードの二人が安定しているのでこのまま勝ちを重ねていけると思います。

ヨキッチがシュート良くなかったですよね。もう少しでトリプルダブルだったのに

ヨキッチ:7ポイント12リバウンド10アシスト

 

●ブルックリンネッツ(Brooklyn Nets)113-119ダラスマーベリクス(Dallas Mavericks)●

 

■戦評■

ハリソンバーンズが活躍するといつも、ウォリアーズに残っていてほしかったなと思います。

ハリソンバーンズ:28ポイント5リバウンド5スリーポイント

●メンフィスグリズリーズ(Memphis Grizzlies)104-103サンアントニオスパーズ(San Antonio Spurs)●

 

■戦評■

最後の最後までどちらが勝つか分からない展開でとても面白かったですね。

デローザンが決めて逆転して一点差。残り1.2秒。

どう考えてもほぼ95%位はホームのスパーズが勝つと思いましたが、タイムアウト後にガソルにパスしてゲイがシュートファールしてしまいました。

一番近くの審判の後ろにいたポポビッチの後ろ姿が、この試合のすべてを物語っていました。

アンソニーデイビスと違いガソルは2本とも沈めて終了。

グリズリーズ傘下のGリーグハッスルでプレーする渡辺君32ポイント5リバウンド1アシスト4ブロック。えぐいスタッツですね。恰好良いです。

●サクラメントキングス(Sacramento Kings)119-110ユタジャズ(Utah Jazz)●

 

■戦評■

今シーズンの注目サクラメントキングス。

主要スタッツのブロック以外をほぼ上回り勝利。

ボールが良く回るから今シーズンアシストでも全体10位につけてます。

何よりこれで10勝8敗。

このまま好調で行ってほしいです。

●オクラホマシティサンダー(Oklahoma City Thunder)123-95ゴールデンステートウォリアーズ(Golden State Warriors)●

■戦評■

どうにもこうにも調子の上がらない我がウォリアーズ。

4クォーター追いつきそうなところで、ポールジョージとシュールダーの3ポイントはダメージ効きすぎましたね。

カリー、グリーンが居なくて、怪我明けのリビングストーンの調子もわるい。

ボールが回らない、キャッチ&シュートのトンプソンがアイソレーション多用中。

デュラントのシュートセレクション悪い。去年のカンファレンスファイナルのロケッツ戦を思い出します。

カリー、グリーンがいないと厳しいのは分かりますが、4連敗は本当に厳しい。

どちらも、もう少し休みが必要みたいなので、待つしかないですね。

笑ってはいけない見てから調子出すのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です